スポーツ関連クラブ 活動報告

TOPICS

2024-05-12
硬式野球部

大谷大学に連勝 5位でリーグ戦を終える 杉本投手が連盟特別賞に輝く

5月12日(日)、京滋大学野球リーグの2024年春季リーグ(1部)の第5節(最終節)の2回戦がHPLベースボールパーク(彦根)で行われ本学硬式野球部が大谷大学と対戦。前日の1回戦で、1部初勝利を挙げ勢いに乗る本学硬式野球は、1回に四死球と相手のエラーなどで2点を先制。その後は手に汗握る攻防が続きます。8回に1点を奪われるも、その裏にすかさず追加点を挙げリードを保ちます。最終回は、相手の粘りに合い、1死2・3塁のピンチを招きますが、何とか粘り抜き3対1で連勝。貴重な勝点1をもぎ取り、1部参入最初のリーグ戦を5位で終え、1部残留を決めました。応援ありがとうございました。

5月12日(日)  HPLベースボールパーク(彦根)
大谷大000000010 1 ○
明医大20000001× 3

杉本-足立
2勝
⑤2勝8敗(勝点1)

スタメン
1右 佐藤哉斗(鍼灸学科1年)
2三 樋口正明(鍼灸学科1年)
3遊 北川颯大(柔道整復学科2年)
4投 杉本琉成(救急救命学科2年)
5一 紺野志憂羽(柔道整復学科2年)
6左 反圃明裕(鍼灸学科1年)
7捕 足立岬士郎(柔道整復学科2年)
8中 池本智輝(柔道整復学科2年)
9二 坂本龍星(救急救命学科2年)

投打に活躍し連盟特別賞に輝いた杉本投手
2安打と活躍したルーキーの樋口選手
ウイニングボールを手に喜ぶ池本選手(左)と反圃選手
ベンチも試合を盛り上げた

スポーツ振興プロジェクト
明治国際医療大学 スポーツ振興プロジェクト

+[プラス]スポーツで切り拓く、次世代の医療人の育成

MAT

現場でケガをした選手の処置、経過を学べる本学独自の資格
「メディカルアスレチックトレーナー(MAT)」育成プログラム

お問い合わせ

ご不明な点や、疑問点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

明治国際医療大学 広報推進室スポーツ振興プロジェクト担当

〒629-0392 京都府南丹市日吉町

代表/0771-72-1181 

FAX/0771-72-1189

資料請求はこちら 願書・大学パンフレット